真っ白でフラットなキャンバス。

記事を読んだトコで当たり前過ぎてクソつまらんな。禁煙で5キロ、精神病の薬を飲み始めて8キロ太ったからなー。それまでは何を食べても太らなかったのに。食べ物だけじゃないよ。原因は。禁止失敗の原因は、飲食物持ち込み禁止は当然だが、食べ放題としたこと。人気商品に人が殺到することを考えなかったのか?それより、何より入場券の乱売でしょ。問題は。コスパ悪すぎるわ。入場無料の食べ放題にすればよかったんちゃう。代わりに水を五千円で売るとか雪肌ドロップ 通販して。飲食物持ち込み禁止・・・炎天下にこの仕打ちだけで、アウト。この暑いのに、屋台の食べ放題って時点で食中毒が恐い。食べ物は別として飲み物まで持ち込み禁止とか意味わからん。この暑い中。入場料たっか!運営もアホだけど真夏の炎天下で催される食フェスみたいな地雷原に突っ込んでいく客も馬鹿。熱中症対策つっても飲み物の持ち込み禁止だとなぁ…。懐かしのネット注文「おせち」をおもいだしてしまう(笑)事前に把握出来ただろうに怠慢だな…。

疑似科学に嵌る人

でも疑似科学に嵌る人て結局は本質的に科学を理解できてないんじゃないの?早く死んだところで、納得していれば別に不幸でも何でもない。いちばんの不幸は長生きして友人もみな死に孤独になることだとぼくは思う。おまけに信じていたものに裏切られたらこんな不幸はない。癌で他界した伯父 奥さんである叔母は水素水ではなかったと思うが、変な宗教的な水を高額で購入して在宅治療?していた 代官山スムージー 購入藁にもすがりたい故、理系の自分も何も言えなかったよ高学歴が引っかかる…?それはひょっとしてFラン大卒も高学歴に含めているんですかねニューエイジ運動や宇宙人考古学の頃から、人の考えることは変わりませんねえ。「古代から男性は単独行動が多いのに対し、女性は共同生活の中で何事も相談して決めてきました。」というのも胡散臭いが。ニセ科学批判本を買わされてしまう人は、もともと科学の本を読まない。